CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< FF3 | main | 「水の花」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「時をかける少女」
@シネセゾン

凄い、完璧。
やり場のない感激をくしゃくしゃに丸めて思いきり空に放り投げたいくらいだ。

時間飛ばしもの特有の複雑さを維持しつつ、分岐のポイントは劇的なシーン、他の枝との絡みは言われれば思い出す程度のエピソードにおいていて把握しやすい。
タイムリープの悪影響を理性的な言葉と有無を言わせぬ現実で示して、無邪気な少女とニヒルな観客に自然に納得させる。
子供向けアニメを作ってきた細田監督ならではの悪意の無いコメディで楽しく笑う。
そして全ての破局を食い止めるべくキャラクターが全力で走り回る、これまたアニメらしいクライマックス。
分析するの嫌なので箇条書きですよ。
DVDでもいいからぜひ見て欲しい。

しかし多分あと何回か観るだろうなぁ。
来週はオールナイトがあるらしいし行ってみようか。同行者いたら嬉しい;-)
映画生活
| 映画レビュートラックバックセンター
| 映画 | 23:18 | comments(1) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 23:18 | - | - |
コメント
トラバの「【映画評】時をかける少女」
素晴らしい文章です。ぜひ読んで。
| dai | 2006/09/16 2:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daixx.jugem.cc/trackback/140
トラックバック
【劇場鑑賞93】時をかける少女
17才、戻ることのできない夏。 待ってられない未来がある。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/09/07 9:11 PM |
時をかける少女
時をかける少女は、筒井康隆のジュブナイル小説 (1967年刊)と、それを原作とする映画・ドラマ・コミック・アニメなどの作品。
| 気になる言葉 | 2006/09/15 8:29 PM |
【映画評】時をかける少女
何度も映像化された名作をアニメーション作品として現代的に焼き直して生まれた青春映画の金字塔。
| 未完の映画評 | 2006/09/16 5:46 AM |
劇場アニメ時をかける少女 DVD
筒井康隆の同名小説を映画、テレビドラマ、リメイクを経て 新たな構想で製作した劇場用アニメーション。 今回は原作の約20年後を舞台にした続編になり、 あるきっかけで過去に遡ってやり直せるタイムリープという能力を身につけた 少女の淡い恋の行方と心の成長を描いて
| 噂の情報屋 | 2007/01/31 6:49 PM |
映画レビュー#45「時をかける少女」
基本情報 「時をかける少女」(2006、日本) 監督:細田守(デジモンアドベンチャー、ワンピース劇場版) 脚本:奥寺佐渡子(お引越し、学校の怪談) 製作:渡邊隆史 原作:筒井康隆 キャラクター・デザイン:貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン) 出演:仲里依紗、石田
| Production Rif-Raf | 2007/03/15 6:46 AM |